現役サロンオーナーが伝える経営術

【初心者必見!】自分でホームページを作る。WordPressインストール編④

【初心者必見!】自分でホームページを作る。Wordpressインストール編

 

今回の記事では、2つの作業をご説明します。

  • 取得したドメインをレンタルサーバーに設定する方法
  • WordPressをインストールする方法

 

 

先輩オーナー

ところどころ難しい言葉が並びますが、複雑な作業はありませんので、リラックスして手順に沿って行ってください。

所要時間は20分ほどです。

 

 

レンタルサーバーの契約独自ドメインの取得が終わっていない方は先に済ませておいてください。

  1. レンタルサーバーの契約☞
  2. 独自ドメインの取得☞

 

取得したドメインをレンタルサーバーに設定する方法

①エックスサーバーのホームページにアクセス

https://www.xserver.ne.jp

②ログインする

 

③契約一覧のサーバーパネル下の「ログイン」をクリック

 

④画面左上の「ドメイン設定」をクリック

 

⑤先に取得したドメイン名を入力して「ドメインの追加(確認)」をクリック

☑無料独自SSLを利用する←これは✔を入れたままにしておきましょう!

 

先輩オーナー

独自SSLとは、データのやりとりを暗号化し、第三者に覗かれないようにする仕組みのことです。SSL化すると、URLの冒頭がhttp://○○からhttps://○○となります。

SEO効果も(ごくわずかのようですが)あるとされています。
とりあえず、無料ですので付けておきましょう(笑)

 

 

「ドメインの追加(確定)」をクリック

これで設定完了です‼

 

先輩オーナー

ドメインが正常にインターネットに反映されるまでには最大2日程度かかるそうです。
反映されるのを待つ間に「Wordpress」をインストールしておきましょう。

 

エックスサーバーにWordpressをインストールする方法

サーバーパネルより「Wordpress簡単インストール」をクリック

 

「Wordpressのインストール」をクリック

 

各項目に入力していきます。

① インストールするドメイン名
② 基本的に空白でOK
③ 運営するサイト(屋号)の名前 ※後から変更できます。
④ユーザー名:お好きな英数字(ログイン用のIDになります。)
⑤パスワード:お好きな英数字(判別されにくいランダムな文字) ※後から変更できます。
⑥サイトで使用するメールアドレス ※後から変更できます。
⑦「自動でデータベースを生成する」に☑チエックを入れます。

入力できたら、確認して「インストール(確定)」をクリック

 

このような画面に変わります☟

表示されたURL、ID、パスワードは、大切に控えて保存しておきましょう。

☝の表示されたURLをクリックするとWordpressの管理画面に行きます。

 

ユーザー名の欄に設定したID、そしてパスワードを入力して、「ログイン」しましょう。

 

WordPressのダッシュボードが開きます。

WordPressのダッシュボード

ここから記事を書いたり、デザインテーマをインストールしたり、設定を行ったり
するわけです。

※この画面をすぐに開けられるように、このページのURLをブックマークなどに保存しておきましょう。

 

これからたくさんの設定作業がありますが、先にコレだけ済ませておきましょおう。☟

 

WordPressの設定をhttpsに変えておこう

URLをhttps://○○に変えておきましょう。
ダッシュボードの左側にあるサイドバーの「設定」をクリック

 

☟のように、WordPresswアドレス(URL)サイトアドレス(URL)のhttpの後にsを加えましょう。

入力ができたら「変更を保存」をクリック

 

手続きが完了しました!

 

おわりに

やったー
自分のホームページが開設しました!

後輩セラピスト

 

先輩オーナー

おめでとう!
ホームページの完成は、まだこれからですが順調に進みましたね。