現役サロンオーナーが伝える経営術

サロン名と成功の法則・豊かさを引き寄せる屋号とは

サロン名と成功の法則・豊かさを引き寄せる屋号とは

 

サロンを開業する前から勝負は決まっている!っと言ってもいいぐらい、本気でサロン経営を考えているのなら開業前の準備が大事。

前回の記事では、コンセプト作りについてご紹介させていただきました。

サロンのコンセプトを決めよう!コツと失敗例

サロンのコンセプトが明確になったら、サロンの名前を決めましょう。サロン名が決まると「サロンをオープンするんだ!」という気持ちにグッと現実感が増してきます。

サロン名をつけるときものいろいろポイントがあります。

 

あなた自身が好きな名前(言葉)は何ですか?

サロンの名前は、一度決めたら簡単に変更できるものではありません。もちろん、好きな名前(言葉)をサロン名にすればいいのですが、実はサロン名の付け方で売り上げは大きく変わります。

 

売り上げUPに繋がるサロン名とは?

サロン名をつけるときのポイントをまとめました。

どんなお店かすぐに伝わる

癒しのイメージが伝わる言葉など、サロンのコンセプトがお客様に伝わるような言葉。

誰でも覚えやすい

海外の言葉など、メッセージ性はあっても簡単に覚えることができないサロン名はNG。大事なのはお客様から見て覚えやすいかどうかです。

オンリーワンであること

ありきたりなサロン名はNG。
今は誰でもスマホを持つ時代、友達からサロンを紹介されたら、すぐにホームページを確認したいものです。そんな時に、サロン名で検索して見つけ出すことが出来なければ、お客様を逃したようなものです。

 

よくあるサロン名

ハーブや花の名前

ラベンダー・ローズ など
覚えやすいサロン名ですが、インターネット検索で見つからない可能性大。

アルファベット3文字

・TBC・JTB

簡単で覚えやすいが、似た名前が多く間違えやすい。

フランス語や外国語

おしゃれで、メッセージも込めやすいが、覚えにくい。

 

上記のようなサロン名は決して悪いというわけではありません。ただ、個人規模のサロンでは、覚えやすさとインタネット検索での優位性に重点を置いた方がいいでしょう。
どうしても、よくあるサロン名にしたい場合、次を参考にしてください。

インターネット検索でトップに出る、サロン名とは

タイトルをつける

例えば、ラベンダーというサロン名にするとして、ラベンダーだけではありきたりなので

「温活サロン・ラベンダー」「心の癒し専門・ラベンダー」「野菜ソムリエがいる・ラベンダー」など

サロンの売りをサロン名に入れるのもいい方法です。

言葉を自分で作ってしまおう!

例えば、

  • 「てもみん」
    手で揉むというメッセージが伝わってきます。
  • 「りらく」
    覚えやすい言葉。リラックスやリラクゼーションがイメージできる。
  • 「シーガイア」
    シーは海、ガイアは大地の女神、言葉を組み合わせた造語。

コンセプトにあう言葉を略したり、組み合わせたりすると、まだまだインターネット検索でトップに出る言葉はあります。

 

先輩オーナー

良いサロン名を思いついたら、インターネットで検索してみて、なにも表示されない言葉を探しましょう。

おわりに

オンリーワンのサロン名を見つけてインターネット検索に強いサロンを開業しましょう。サロン名が決まれば、ホームページのドメインやメールアドレスをサロン名で取得するといいですよ。